トップへ » インプラントを成功させるために » 失敗しない医院選び

インプラントを受ける医院を選ぶ「理由」を間違えていませんか

インプラントを受ける医院を選ぶ「理由」を間違えていませんか

インプラント治療を受けようと考えたとき、患者の皆さんは、どのようにしてインプラントを受ける歯科医院を決めていらっしゃるのか、伺ってみたいと思うことが度々あります。

よく耳にする「理由」の中には、

●「近所だから」
●「歯を抜くより簡単と聞いたから」
●「インプラント以外のやり方はないと言われたから」
●「すぐインプラントを入れないとダメだと言われたら」

といったものがあるかと思います。

しかし、もし内臓疾患などで外科手術を受ける必要が生じたときも、「近くの病院のほうがラクだから」と、それだけの理由で手術する病院を決められますか?たぶん答えは「NO」でしょう。

手術してくれる医師の経歴や経験値、周囲の評判などをいろいろ鑑みて、「ここなら安心」「この先生に手術して欲しい!」と、そう思えて初めて決定するのではないでしょうか?

インプラント治療は外科手術です

インプラント治療は外科手術ですインプラント治療も「外科手術」です。その点は、しっかりと認識する必要があると思います。

歯科医師には、医師のような「内科」や「外科」といった明確な区分はありません。歯科医師ならば、歯科医療すべてに精通しているか?というと、残念ながらそういうわけではないのです。

個々に「得意分野」があり、その反面、あまり得意とは言えない分野もあって然りなのです。

日本の大学教育では、インプラント治療についてはほとんど教えていません

歯科医師がインプラントに強くなるには、学校で学ぶ課程を修了した後に、自ら進んで学び取らなくてはいけません。そういった背景があるために、インプラントを本格的に行っている歯科医院はまだ少なく、まだまだ「どこの歯科医院でも十分に対応できる」という段階ではありません。

それでも中には、「歯を抜くより簡単と言われた」という方もいらっしるかもしれません。実際、あごの骨がしっかりしていて、治療が必要な本数が少ない場合には、根の深い親知らずを抜くより簡単である場合も多いのです。

しかしながら、それは本当に「ケースbyケース」のこと。インプラント埋入が外科手術であることを忘れず、事前に十分な説明を受けることをお勧めします。

外科治療には、才能と努力、そして豊富な経験が必要

外科治療には、才能と努力、そして豊富な経験が必要野球が好きな人すべてが野球選手になれるわけではないように、才能があって、その上でしっかり努力できる人でなければ「一流のプロ」にはなれません。外科治療においても、同じようなことが言えます。

新しい技術を常に学び続け、多くの経験を積み重ねなければ、「一流の歯科医」「外科手術に精通した歯科医」にはなれません。

私の恩師などは、人の二倍も三倍も努力をし、睡眠時間は平均で4~5時間という、受験の時以上の勉強を、40歳、50歳になっても続けているのです。

そういった努力の積み重ねを、「患者さまのため」と思って続けられる歯科医こそが、本当に「信頼に値する歯科医」であると考え、私自身も目指すところです。

インプラント以外の選択肢の提示や基礎治療も不可欠

インプラント以外の選択肢の提示や基礎治療も不可欠他の選択肢の説明をしないまま、「インプラント以外の方法はない」と決め付けてしまったり、口の中全体の状態をしっかり検査・確認しないまま、「すぐにインプラントを-」という話になる医師や医院には問題があると思われます。

口の中の状態が悪い人には、ある程度の基礎治療が必要です。

それを解決しないでインプラントをしたのでは、かえって歯を失ってしまうことになったり、埋入したインプラントも、いずれ使い物にならなくなってしまう危険がともないます。

「安く・早く」をモットーに、年間何百という、常識では不可能と思われるほどの埋入本数を行い、それをウリにする医院もあるかも知れません。しかし、そういったことのシワ寄せが、「説明不足」や「基礎治療不足」に繋がり、失敗やトラブルを招いているとしたら...。結果的に、患者さまのためにならないと思います。

「インプラントしかダメだと言われた」という方でも、他の方法で解決できたケースも

インプラントを目指した基礎治療を行ったことで状態が改善し、他院では「インプラントしかダメだと言われた」という方でも、他の方法で解決できたケースもあります。

もちろん、インプラントが最適である場合もありますが、とにかく、「早く・安く」ではなく、きちんとした手順を踏み、検査や説明、基礎治療などもしっかり行うことこそが、インプラントという素晴らしい治療方法を生かし、快適な口内環境の実現に繋がるのだということを、ご理解いただきたいと思います。

「いい先生」の定義とは?

「いい先生」の定義とは?お知り合いの方などから、「あの先生はいい先生だよ」と紹介されるケースなどもあるでしょう。その際、「実際にインプラント治療を受けた方」からの推薦であれば、信頼に値すると思われます。

しかしながら、

・「気さくだから」
・「話しやすいから」
・「こちらの希望を聞いてくれるから」

ということだけで「いい先生」とおっしゃっている場合もあるので、少しは注意が必要かもしれません。

「気さくで話しやすいこと」も大切な要素だとは思いますが、そのことと、
「認定医の資格を持ち、しっかりした技術があること」
は、まったく別の次元の話です。

また、「患者さまの希望を聞く」ということと、
「本当に必要な治療、間違いの無い治療を提案する」
ことも、常にイコールにはならないと思います。

医師として「本当に患者さまのためになる治療」を考える

●患者さまの希望を聞き、それに少しでも近づける治療を考えることは歯科医の努めです。

たとえば、「なるべく安く、治療期間も短くして欲しい」という希望を叶えるために、「簡単だけど長持ちしない治療」を実行してしまうとしたら、決して「いい先生」とは言えないでしょう。医師として「本当に患者さまのためになる治療」を考え、提案し、納得していただくこと。これが一番大切なことではないかと考えます。

私自身、あまり愛想が良いほうではないので、すべての患者さまから「気さくな先生」とは言っていただけないかと思います。ですが、インプラントに関する技術では、どこにも負けない「確かさ」をご提供できると自負しています。

本当の意味で「いい先生」と言っていただけるように努めています。間違いの無い治療をご希望の方は、ぜひ当院にご相談ください。

カテゴリー一覧

インプラント治療のことなら何でもご相談ください

カウンセリングをおこなっております

トップへ » インプラントを成功させるために » 失敗しない医院選び


PAGE TOP