トップへ » インプラントを成功させるために » 静脈内鎮静法

静脈内鎮静法でリラックスし、快適な治療を

静脈内鎮静法でリラックスし、快適な治療を

「インプラントには興味があるけど、どうしても手術が怖い」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、当院のインプラント手術では、専門の麻酔医による"静脈沈静法"といわれる特殊な麻酔方法を導入しています。歯科麻酔認定医が全身管理を行いますので、安全な歯科治療を、安心して受けていただけます。

鎮静法による治療

鎮静法による治療体の調子が気になる方や、快適に治療を受けたいとお考えの方に、抗不安薬などを用いた鎮静による治療を実施しています。

鎮静法は、完全に意識を失う全身麻酔とは異なり、うたた寝をしているような、あるいは、ほろ酔い加減のようなリラックスした状態で治療を受けられる方法です。

不安や恐怖心を感じることなく、しかも全身麻酔よりも安全な状況で治療を受けていただけます。ストレスが無くなり、ほとんどの場合痛みもなく、いつのまにか治療が終わっていた...という感じがします。

<鎮静法の良い面>
1. 気持ちが落ち着く
2. 痛みなど、治療中のことをよく覚えていない
3. 治療時間が短く感じられる

※さらに、精神的な緊張がやわらぐことで血圧や心拍数も安定し、治療中の吐き気などを抑えることが可能です。

全身麻酔や笑気吸入鎮静法との違い

全身麻酔との比較

<静脈内鎮静法の場合>
● 眠くなるが、意識はなくならない。
● 自分自身で普段と同様に呼吸ができる。
● 呼びかけや刺激に対して反応できる。
● 入院する必要がなく手術当日に短時間で帰宅できる。
● 外来での無痛治療に最適。

<全身麻酔の場合>
● 意識がなくなる。
● 人工呼吸が必要。
● 呼びかけや刺激に対して、反応できない。
● 多くの場合入院が必要で、当日帰宅する場合にも時間がかかる。

笑気吸入鎮静法との比較

<静脈内鎮静法の場合>
● 効果が確実で、速い。
● 夢見心地でほとんど痛みを感じない。
● 会話や口呼吸による影響がない。
● 緊急時に静脈からすぐに薬剤を使用する。

<笑気吸入鎮静法の場合>
● 鎮静効果が弱いため痛みを感じる場合がある。
● 会話や口呼吸により影響される。
● 副作用がほとんどない。

鎮静法が適している場合

鎮静法は、安全に、痛みを感じさせることなく治療することができますので、ご安心ください。特に、下記のような方にお勧めしています。

● 痛みが苦手で、楽な気分で治療が受けたい方。
● 治療中に気分が悪くなったり、脳貧血様発作や過換気症候群と言われたことのある方。
● 高血圧症や心疾患など内科疾患があり、全身管理を要する方。
● インプラント手術や親知らずのような、比較的長時間の治療を要する方。

鎮静法に関するQ&A

Q.鎮静法の前後には、どのような処置が行われるのでしょうか?
A.治療前には、術前検査として血圧、脈拍、心電図、酸素飽和度などのモニターを付けさせていただき、全身の状態をチェック。その後、点滴を行います。注射の痛みをやわらげる方法もありますので、必要な方はご相談ください。また、モニターは、安全のため治療後まで継続してつけさせていただきます。

Q.治療終了後は、すぐに帰宅できるのでしょうか?
A.治療後は、特別な処置はありません。少々ふらつきが残る場合がありますので、自動車や自転車の運転はできませんが、通常、すぐに普段の生活に戻れます。

※ご心配、ご不明な点がございましたら、遠慮なく当院にお尋ねください。

安全で確実な治療のために

安全で確実な治療のために静脈内鎮静法を行うか否かに関しては、すべての患者さまに「必須」というわけではありません。しかし、安全のため、手術時間が1時間を越える治療の場合には、実施を選んでいただくようにしています。

静脈内鎮静法というのは、全身麻酔と局所麻酔の中間。全身麻酔ほどではありませんが、きちんと管理を行わなければ、場合によっては呼吸困難を引き起こすなどのリスクも存在します。

そういったリスクをなくすために、当院では、全身状態の管理や使う薬剤の特徴を熟知している歯科麻酔専門医の桜井医師を招き、全身状態を管理しながら手術を行っています。

そのため、それなりのコストがかかることは確かです。しかし、実際に静脈内鎮静法を用いた手術を受けられた患者の皆様からは、ほぼ100%の方々が「満足しました」と言ってくださっています。

カテゴリー一覧

インプラント治療のことなら何でもご相談ください

カウンセリングをおこなっております

トップへ » インプラントを成功させるために » 静脈内鎮静法


PAGE TOP